職員による情報不正利用がないかも常に監視

プレイヤーとオンラインカジノ会社との間に立ち、資金の出し入れを円滑・安全に行うために存在しているのが決済会社です。 オンラインカジノの決済会社は主に、インターネットビジネスの取引処理を専門とする会計処理専門会社が行っています。
入出金に関するすべての財務処理は、一つのオンラインカジノにつき一日に最低でも数億円の金銭をやり取りします。 迅速で確実なシステム環境とセキュリティ対策は、オンラインショッピングサイトなどと比較にならないほど厳重で、高品質なファイナンスサービスを提供してくれます。
オンラインカジノの決済会社は、カジノ会社によって様々ですが、ソフトウェアによっては統一した決済会社を使っているところもあり、グランドバーチャル社の「IBS(Internet Billing Services)」や、クリプトロジック社の「ECash Direct」などが挙げられます。
厳格な方策と運営システムで守られるプレイヤーの個人情報
オンラインでお金に関するやり取りをする際に心配なのが個人情報の漏洩です。 まずセキュリティ面ですが、インターネット上でセキュア・サーバーを通じて情報を暗号化して送受信する最新の暗号技術(SSLなど)を駆使しているため、プライバシーに関わる情報(取引記録やアカウント残高など)やクレジットカード番号の情報などを安全に送受信することができます。
次に個人情報の管理ですが、運営元のシステムやサーバー、ネットワークはすべて物理的、電気的、環境的に安全の確保された場所に保管されています。 また、業務に携わる職員の内部監査も厳しく行っており、セキュリティチェックはもとより、職員による情報不正利用がないかも常に監視しています。 プレイヤーの個人情報はこれらの多重防護策により、厳重に保護・管理されています。
オンラインカジノ決済会社の手助けを行う「代替決済会社」
最近はクレジットカード会社や銀行がオンラインカジノやネットギャンブルの使用を目的とした取引を拒否、または制限するカード会社が多く、規制によりクレジットカードが通らない、使えないときがあります。
オンラインでの決済手段として一番手軽で便利なクレジットカード決済が、オンラインカジノが提携している決済会社で使用できない場合に役に立つのが、プレイヤーとオンラインカジノ決済会社との中間に入る「e-Wallet」と呼ばれるオンライン代替決済サービス会社です。
これはショッピングにも利用できる一種の「電子財布」で、インターネット上に専用の口座を作成し、そこにクレジットカードや銀行振込などで資金を充当してからオンラインカジノへ入金するという仕組みになっています。 また、複数のオンラインカジノからの払い戻しをその口座に一体化してまとめる事もできるため、オンラインカジノからそれぞれ小切手をもらうのと比べて換金手数料が節約できるというメリットもあります。

あっという間に損失が増えてしまいます。

ただし、サーバーが日本にあったりして運営主体が日本国内にあれば、これは立派な賭博罪の国内犯になってしまいます。。
マルチハンドブラックジャックとは、
複数のハンドを使ってプレイするブラックジャックのことです。ですから、この戦法の弱点は、勝つまで掛金が増え続けるわけですから、あっという間に損失が増えてしまいます。
ギャンブル以外にもいろいろなことにチャレンジしています
もちろんギャンブルだけではなく他の趣味(ギター・ベース・ピアノ、作曲、採譜、電気数学、オセロ、TVゲームなど)も並行してやっていますが、私は根からのギャンブル好きなためか新しい刺激を求めていろいろ探したり研究はしましたが、やっぱりパチスロが一番だと思いました。オンラインカジノでは今ひとつ有名になりきれていないが、オンラインポーカーとオンラインビンゴではトップ企業で、2005年6月にロンドン株式市場に上場した。ブラックジャック、スロット、ポーカー、ルーレット、バカラ、ケノなど有名ゲームはもちろん、日本ではあまり耳にしないようなカジノゲーム、ネット上でしか不可能なゲーム楽しむことができます。さすが老舗の人気を維持しているカジノサイトだけあって顧客を大切にする姿勢がよく表れているのも支持No.1の理由の一つです。


公開日:

no image
ワイルドジャングルカジノ一番の魅力

ワイルドジャングルカジノ一番の魅力だと思います。 また、その弱点は、

no image
夢のような攻略法

初回でなくても一定金額以上の払い戻しの際や定期的な口座情報の確認のため

no image
オンラインカジノでしてはいけない行為

オンラインカジノは、実際に店舗を構えているわけでもありませんし、パソコ

→もっと見る

PAGE TOP ↑